日本で正座をする習慣

日本で正座をする習慣ができたのは室町時代とされており茶席の発展と共に広まったとされます
江戸初期に旗本の小笠原流によって一般市民にも正座の習慣が広まりました。
f:id:gofukumansou:20170314042319j:plain